NEWS

OEMで服を作る良さ/ECアパレル社長x営業

黄色ライン

本日は弊社とお取引をいただいているECブランド運営会社社長、山田様(仮名)と弊社営業祖父江の対談記事をお届けいたします。

ファッションの世界のEC化に伴い、現在ではECのみで展開するブランドが世の中に多く存在します。弊社におきましても、皆様がファッションビルで目にするブランドの生産に加え、EC専業ブランドの生産を担当させていただくことも増えております。

今回は「どのような流れで一着の服が誕生するのか」、また「OEMでの服づくりの良さ」をお伝えできればと思います。

アパレルOEM会社の選定

──山田様が弊社とのお取引を開始された経緯を教えてください。

山田様(以下、山田):最初はサントラージュさんのHPから問い合わせをしました。元々運営していたセレクトショップでオリジナルの服を展開する際に、知人のデザイナーにいくつかOEMの会社を紹介してもらいました。信頼できる工場や作りたい商品が縫える工場がどこなのか分からなかったため、実績のある会社にお願いしたいと思い、OEM会社を選びました。
紹介された全てのHPを拝見し、費用が明記されていることや直近もHPが更新されていることなど、1番安心感があったサントラージュさんに問い合わせをしました。

祖父江:嬉しいです。今年に入ってからHPのリニューアルを行い、内容も随時アップデートをしています。より多くの方の目にとまり、お問い合わせをいただきたいと思っています。

山田:問い合わせ後の対応も良く、速いスピードで話が進んだ記憶があります。以前アパレルブランドで販売員をしていた経験から“縫製にはこだわりたい”という思いがあり、その旨をお伝えしたところ、2度目の打ち合わせでは工場へ見学に行かせていただきました。

祖父江:山田様は店頭販売のご経験から、縫製レベルや不良に非常に気を配られていらっしゃいました。ECになると店頭でチェックすることもできず、不安があると思います。サントラージュの強みは、非常に幅広いお客様に対応できる工場や仕入の背景があることだと思います。山田様のご希望を伺い、その中から絞り込んでご案内しました。

オリジナル商品の企画・生産スタート

── 普段、企画から生産まではどのような流れで進めていますか。

山田:基本的には既製品の服の画像を使用して、イメージを伝えています。胸元のデザインやスカートのシルエット、生地感などイメージに近いものをいくつかお見せして、企画担当の方に具体的な絵や指示書にしていただきます。
生地はイメージに近いものを中国の生地市場で探してもらい、その中から検討しています。最初、沢山の生地が手元に届いた時は感激しました。ただ、似たような生地も多く、素人には生地の厚さなどの良し悪しは分かりませんでした。“毛羽立ちにくく、薄く見えないもの”といった希望を伝え、おすすめを教えていただきました。

祖父江:どの生地の厚みで作れば本当に思い通りの服が出来るのか、皆さんが悩む難しい点だと思います。弊社では一緒に考える企画の担当がつきます。その点も強みの1つですね。年間2〜300着の企画に携わっているため、それぞれの生地が予定の販売時期に適しているか、また予定している値段に合うか相談しながら進められます。

山田:その他にも、トレンドの生地を教えていただいたり、デザインを一部変更したい際などにアイディアをいただいています。先日は企画の方に、社内の生地サンプルを2時間ほど見せていただきました。私の好みを把握した上で、可愛い生地を沢山提案していただきました。それぞれの生地の名前やどのような服に使用できるのかなど、様々な情報を得られました。

祖父江:社内には服や生地のサンプルなどの資料が大量にありますね。特に生地に関しては、これほどの収集力と分類力があるのは都内一ではないかと思っています。そのおかげか、社内で打ち合わせをすると比較的早く決まる傾向にある気がします。

祖父江(写真左)、山田様(写真右)

── 企画には大体どれくらいの時間がかかるのですか。

祖父江:中国の工場にサンプルの作成を頼んでから、日本に届くまで大体2週間程度かかります。加えて、生地やデザインを相談して決定する時間も必要になります。
1サイクルが1カ月程度だと考えると良いのではないでしょうか。私としては、3回サンプルを確認出来るよう、最低3カ月以上かけて企画することをおすすめしています。

山田:個人的にはさらに余裕を持ったほうが良いと思います。心の余裕が全然違います(笑)。最初は驚きましたが、サンプルを作成している段階で、生地の在庫が無くなってしまうこともあります。その場合は、代替の生地を決めなければならず、想定外の時間がかかります。

祖父江:確かに、ギリギリのスケジュールだと焦りますね。中国の生地市場は日本の市場とは感覚が全く違うんですよね……。在庫を取り置きしてくれなかったり、伝えられた在庫の情報が誤っていたりすることがしばしば起きてしまいます。毎年廃番品もあり、新素材も生まれています。

山田:販売したい時期を伝えると、発注の期限から逆算したスケジュールを教えてくださいます。中国生産で中国の祝日を挟む場合、その期間の考慮も必要なため、心強いです。
スケジュール以外に、XSサイズを作る際のサイズ感を完全にお任せしたこともあります。私自身は高身長で、店頭で触れた経験があったとはいえ、正直未知の世界でした。

祖父江:弊社では様々なブランドの生産をさせていただいていますからね。私自身も低身長サイズを展開する他社ブランドも担当しています。高身長の方向けのサイズやプラスサイズ、メンズの生産もしており、様々なご要望に対応出来ると思います。

山田:いくつかトラブルの発生もありましたが、様々なサポートのおかげで“想像より服作りは大変ではない”と感じました。服作りを進めていくうえで、担当の方と対面でお会いするのは最初の一回だけで、そこで希望のデザインや生地を伝えています。中国市場から取り寄せた生地や服のサンプルは自宅で受け取り、LINE上のやり取りを中心に進めています。

祖父江:遠方のお客様もいるため、オンラインの打ち合わせのみで完結することもあります。イメージの状態から理想の服を作ることは簡単ではないですが、それを形にしてこそ我々サントラージュの価値があると思っています。携わらせていただいたブランドが今後成長していくことを願いながら、お客様と共に服作りをしています。

 

-最後までご覧いただきありがとうございました!

サントラージュはこれからも、より良い服作りに取り組んでまいります。
興味を持ってくださった方は、是非お問い合わせください。